聖書の終末預言

【聖書の終末預言㊱】 大患難時代②大バビロン復興「世界政府、世界宗教、世界経済」(黙示録17章)

はじめに 今日は、大患難時代の預言に出てくる「大バビロン」について説明します。「バビロン」と聞くと思い浮かぶのが、ジョージ・S・クレイソンによって、1920年代に書かれた「バビロン大富豪の教え」という本です。90年以上に...
2021.05.15
3分メッセージ

恐れる必要なし「お前は、嘘つきで、弱虫で、だらしがないとルターを訴えたサタン」聖書(ローマ 8:38-39)

おもちゃ会社のバンダイは、0歳から12歳の子どもを持つ保護者を対象に「お子様の怖いものは何ですか?」というテーマでアンケート調査を実施しました。1番はなんだったと思いますか? なんと、子どもたちが 一番怖いものは「おばけ...
3分メッセージ

勝者のメンタル「なぜ、すぐに心が弱ってしまうのか?」聖書(ローマ 8:37)

私たちの誰もが、本能的に「勝つ」ことに喜びと達成感を感じます。テレビゲームでも相手にずっと負け続けたら、気分が悪くなるものです。好きなスポーツのチームが負けるよりも勝った方が嬉しくなります。 しかし、これらすべて...
2021.04.10
3分メッセージ

私たちが聞いている3つの声「嘘に騙されるな!」(ローマ8:33)

私たちは3つの声を聞きます。 人間の声(自分や他人)サタンの声神の声 誰の声を1番に聞くべきかと聞かれれば、多くの人が、直感的に神様の声と答えます。しかし、人生の苦難や危機のとき、人の声とサタンの声は大きくなります...
聖書の終末預言

【聖書の終末預言㉟】 大患難時代① 144,000人の伝道師とは誰なのか「世の終わりの主役はユダヤ人ってほんと?」(黙示録7章, 9章,14章)

はじめに 今日は、大患難時代の預言に出てくる「144000人の伝道師」について説明します。黙示録に144,000人という選ばれた人々が出てきます。彼は一体誰なのでしょうか?大きく分けると2つの解釈に分類されます。この数字...
タイトルとURLをコピーしました