死後の世界「自分が死後にどこに行くのか確信はありますか?」聖書(伝道者の書12:7)

maxresdefault-46
この記事は約3分で読めます。

当時、東京大大学院教授にして東大病院の救急部・集中治療部部長だった矢作直樹さんは、著書のなかで、このように言いました。

寿命が来れば肉体は朽ちる、という意味で「人は死ぬ」が、霊魂は生き続ける、という意味で「人は死なない」。私は、そのように考えています

矢作さんは、医療の現場は最新の医学や科学をもってしても、まったく説明のつかない事象をたくさん経験するなかでそのような結論に至ったと言います。

 聖書は、人は死後、魂は生き続け、天国か地獄に行くといっています。 

まず、第一に、矢作さんのいうとおり、聖書も肉体と霊魂を分けています。

土のちりは元あったように地に帰り、霊はこれを与えた神に帰る。

聖書(伝道者の書12:7)

聖書によると人間の肉体は土のちりによって作られたとあります。

神である主は、その大地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。それで人は生きるものとなった。

聖書(創世記2:7)

実際、人体を構成している元素は、すべて「土」の中に含まれているそうです。
確かに肉体はやがて腐敗していき、土に変えるというのは理解できます。

では、霊魂はどこに行くのでしょうか?
先ほどの箇所には、「霊はこれを与えた神に帰る」とあります。

神に帰るとは、みんな天国に行くということではありません。

「神の前に立つ」ということです。
肉体が与えられていた人生をどう生きたか、神の前で申し開き(弁明)をするということです。

彼らは、生きている者と死んだ者をさばこうとしておられる方に対して、申し開きをすることになります。

聖書(1ペテロ4:5)

聖書は、この裁きの結果、はっきりと2つの道があることを示しています。
いわゆる天国と地獄です。
正確に言えば、パラダイスとハデス。

私たちはどうでしょう?
天国に行けるという確信があるでしょうか?
もし、このことが本当だとしたら?

実は、確信を持つ方法があります。
それが、イエス・キリストの福音なのです。

このさばきがあるために、死んだ人々にも生前、福音が宣べ伝えられていたのです。彼らが肉においては人間としてさばきを受けても、霊においては神によって生きるためでした。

聖書(1ペテロ4:6)

私たちは自分の肉体の命がいつ終わるか予想できません。
しかし、今、行き先を予約することができるのです。

それは、イエス様が言われるように、ただキリストを信じることです。

イエスは彼女に言われた。「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。

聖書(ヨハネ11:25)
今日の祈り 今日の祈り
神様、神であるイエス様が、十字架によって私たちの代わりに死んでくださったことを信じます。天国に行ける確信を与えてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

この記事を書いた人

牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。

ゆうき牧師をフォローする
3分メッセージ
ゆうき牧師をフォローする
ゆうき牧師のバイブルライフコーチング
タイトルとURLをコピーしました