過去の失敗にクヨクヨしない方法「ミスや失敗はしてもよい」(箴言24:16)

maxresdefault-16
この記事は約3分で読めます。

「なんであんなことしちゃったんだろう」
「なんでいつも俺はこうなんだろう」
「ああ、自分はなんてダメな人間なんだ」
「やっぱり、俺はいいとことが一つもない」

私たちが失敗をした時、ともすると「自己否定モード」に陥ってしまうことがあります。
そうならないために、まず「ミスや失敗はしてもよい」と認める必要があります。

 聖書はどんなに正しい人でも失敗すると言っているからです。 

正しい人は七度倒れても、また起き上がり、悪しき者はわざわいでつまずくからだ。

聖書(箴言24:16)

聖書では、「七」という数字は完全数を意味します。
なので、正しい人でも「七度倒れる」とは、どんな人でも失敗すると言っているのです。

しかし、聖書はそこで終わりません。
「また起き上がり」と失敗から必ず立ち直れると言っているのです。

そのとき、自分を否定する自分の声に耳を傾けてはいけません。
自分を否定するサタンの声にも耳を傾けてはいけません。

あなたを愛し、励まし、起き上がらせてくださる神様の声だけに耳を傾けるのです。

聖書は、「立ち直れない失敗は存在しない」と言っています。
たとえ、死刑に当たる罪を犯しても、イエスキリストの前で自分の罪を認めるならば、赦されると書いています。

「え、マジかよ?」と思いませんか。
「マジなんです」

これが、100%神様の恵みである福音なのです。

罪を認めるとは、誰かに迷惑をかけ、失敗した「自分の非」を認めて、悔いるということです。

本当に自分の失敗を受け入れ、悔いた人の内側には神の霊である聖霊が住まわれるので、神様が喜ばれることを積極的にするようになるのです。
つまり、ミスや失敗は、私たちは神の前で生まれ変わるチャンスでもあるのです。

ミスや失敗を積極的に受け入れて、逆にミスが極端に減った業界があります。

航空業界です。

飛行機には、フライトデータとコクピット内のボイスレコーダーのデータが記録するための「ブラックボックス」が搭載されています。
「どんな事故でも、原因を隠さず究明しよう」という発想、「ミスや失敗をきちんと蓄積して次に生かそう」という意識が他の業界よりも強いのです。
その結果、同じミスや失敗が起こる可能性が減り、安全性が向上しました。

自分の非を認める人は、神様にもっと頼ることができます。
倒れても必要以上に自分を責めません。

むしろ、赦されているもの、聖霊がうちに住んでいるものとして、前よりも力強く進むことができるのです。

今日の祈り 今日の祈り
神様、ミスや失敗で自分が嫌になる時があります。でも、神の力で立ち上がります。助けてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。
この記事を書いた人

牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。

ゆうき牧師をフォローする
3分メッセージ罪悪感
ゆうき牧師をフォローする
ゆうき牧師のバイブルライフコーチング
タイトルとURLをコピーしました