ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

敵対されていないとむしろ危険「サタンと平和を作っていませんか?」(ローマ8:31)

約4分

みなさんは、誰かに敵対されているでしょうか?
敵対とは、嫌なことを言われたり、いじめられたり、嫉妬されたり、少なくても相手が自分を好きだとは言えない状態のことです。

実は、敵対されている状態というのは、相手は、少なくともあなたの実力などを認めているのです。

逆に、相手にとって、脅威に感じないような人は無視されます。
「無視してやる!」と敵対心でする無視ではなく、相手から見れば透明くらいの存在です。

 聖書は、私たちに敵対する存在がいるとはっきり言っています。 

では、これらのことについて、どのように言えるでしょうか。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

聖書(ローマ8:31)

「これらのこと」は、パウロがローマ書の5〜8章で記した福音のメッセージを指していると思われます。
福音のメッセージが本当だとするれば、どういう結論になるのか?ということです。
もちろん、パウロは100%本当であると信じているのですが、あえてそのような言い方で論理的に強調しているのです。

聖書に書いている福音が本当なら、論理的に神が味方ということことになります。
神が味方なら、誰が敵対できますか?

できるわけないでしょ!という論理です。

一方、隠れた事実として、本来、誰も敵対できないはずだけど、敵対する人はいるということです。

私たちに敵対するのは誰でしょうか?

サタンです。悪魔です。

もし、サタンがあなたに敵対しているならば、それは冒頭お話しした通り、あなたを認めている証拠です。
あなたが、福音をしっかり信じて、神様のために進んでいるからこそ、サタンは驚異に感じるのです。

「こいつが天国に行ったらまずい。他の人にも良い影響を与え出したら、えらいこっちゃ」
「いじめて、脅して、信仰を弱らせてやろう。こいつは羊並みにびびりだからな」

サタンの敵対に打ち勝つ方法は、「神が味方」という事実とそれを信じる信仰です。

ビビるような出来事が起こったら、迷わず祈りましょう。
私は、いつも声に出して宣言します。

「イエスの名前によってサタンよ、され!神が味方であるから、お前は私に指一本触れることはできない。近づくこともできない」

しかし、ここで考えたい問題があります。
それは、サタンと平和を作っている人がいること。

敵対されていないなら、サタンはあなたを味方か無害だと思っているかもしれません。

「こいつは、クリスチャンと言いながら、世の中の誘惑に陥り、祈らないし、聖書も読まないよな」
「聖書読んでいるけど、こいつは宗教的だから自分の力で生きているな」
「平日は、普通の人と全然変わらず、影響力もないから、ほっといてもいいな」

今日、福音にもう一度、立ち返りましょう。
ガラテヤ2:19-20を宣言して、神様のために生きる決意を新たにするのです。

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。

聖書(ガラテヤ2:19-20一部)
今日の祈り 今日の祈り
神様、サタンのあらゆる敵対からお守りください。眠った信仰ではなく、迫害されてもびくともしない強い信仰を与えてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook