ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

被害を受けた時こそ危ない罪悪感「被害者は必ず加害者になる?」聖書(ルカ 23:34)

約4分

心理学の世界では「加害者と被害者は同じ」という見方をします。
誰かに傷つけられたと感じた被害者は、普通、その瞬間に加害者に対して攻撃的・批判的な思いを抱きます。

「あなたのせいで傷つけられた」と誰かに愚痴ったり、何かのアクションを起こす可能性もあります。
たとえ、心の中だけでその相手をうらんでいても、被害者であることを理由に相手を攻撃・批判しているので、その瞬間にその人は加害者に変わります。

そうすると今度は、元の加害者は被害者に変わり、それが交互に繰り返されることになります。

 この加害者・被害者の悪循環から抜け出す秘訣は、赦しの祈りです。 

そのとき、イエスはこう言われた。「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」彼らはイエスの衣を分けるために、くじを引いた。

聖書(ルカ 23:34)

イエスは、ご自分に向かってつばきを吐き、むちを打ち、手に釘を打つ者たちのために、赦しの祈りをささげられました。
この赦しは想像すればするほど、人間にはできないレベルであることがわかります。

十字架刑は、囚人を丸裸にして手足を釘で打ち、骨が折れ、全身の水と血が流れ出て死に至るという激しい苦痛を伴う歴史上、最も悲惨で残忍な処刑方法の一つでした。

どう考えても、イエスは被害者です。
聖書によるとイエスは罪を犯しませんでした。

しかし、この十字架の苦しみを受けた時に、罪を犯す最大の試練がありました。
「あなたたちに傷つけられた!」と憎しみや恨みを持った瞬間、被害者が加害者になるからです。

人々は、イエスを十字架につけ、まるで戦利品を分けるようにしてくじを引き、イエスの着物を分けました。
イエスがまるで敗北者のように見えますが、決してそうではありません。

「父よ、彼らをお赦しください」という祈りによって、加害者・被害者の悪循環という無限ループに対して、完全に勝利されたのです。

加害者を赦すということは、加害者を愛するというそれ以上の意味があります。

イエスは、加害者が悔い改めるよりも先に、十字架ですでにすべての罪を赦してくださいました。
過去の罪だけでなく、これから犯す、すべての罪まで、完全に赦してくださいました。

ここで、心に留めたいことがあります。

私たちにはこの被害者・加害者のループをとめることはできません。
十字架につけられて、このように祈れるのは人間には不可能です。

しかし、イエス様がされたので、それでいいのです。

私たちは、被害者になった時、「憎しみや怒り」を持ったままイエス様の元にいけば良いのです。

聖書は、このようにいいます。

私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯しませんでしたが、すべての点において、私たちと同じように試みにあわれたのです。

聖書(ヘブル4:15)

同情してくださるのです。

そして、「憎しみをもち」すでに加害者になってしまっている私たちの罪を含めて「父よ、彼らをお赦しください」と祈ってくれたのです。

なので、自分で解決しなくても大丈夫です。そのままの感情をイエス様に持っていきましょう。

今日の祈り 今日の祈り
神様、誰かにされたことに対する恨みや怒りがあります。私も相手も赦してくださったイエス様にお任せします。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook