ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

癒しの祈り「祈りの効果は実験によって認められている?」 使徒28:8

約3分

カリフォルニア大学で「祈り」に関する実験が行われました。
心臓病の患者393人を、192人と201人の2つのグループに分け、192人のグループにだけ毎日、他の人々から祈りを送ってもらいました。

すると、祈りを送ってもらったグループでは9人の病状が悪化したのに対して、送ってもらわなかったグループでは48人も悪化したそうです。

ミズーリ州の病院でも同様の実験が行われました。
1000人の患者を2つのグループに分けて、一方のグループだけに他の人から祈りを送ってもらいました。
すると、祈ってもらったグループの人たちのほうが、10パーセントも回復が早かったという結果が出たそうです。

 聖書は、「信仰による祈りは人を癒すことがある」と言っています。 

たまたまプブリウスの父が、発熱と下痢で苦しんで床についていた。パウロはその人のところに行って、彼に手を置いて祈り、癒やした。

聖書(使徒28:8)

病人を祈りによって癒した場面は、聖書に多く出てきます。

子供の頃にイエスの御名によって祈ってもらい、難病が癒された経験をした友人がいます。
その後、彼は神の存在を信じ、牧師になりました。

主観的な経験や、冒頭のような実験によって、「祈りと癒し」の関係を証明することはできません。

しかし、聖書ははっきりと、「信仰による祈りは人を癒すことがある」と言っています。

注意すべきは、祈ったら自動的に癒されるわけではないということ。
もし、祈れば絶対癒されるということになれば、神を人間のために利用する呪術になってしまいます。

また、聖書は医学的な治療も否定していません。

あなたがたのうちに病気の人がいれば、教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。

聖書(ヤコブ書5:14)

オリーブ油は当時、腹痛の内服薬や傷を癒す常備薬でした。

もし、身体に不自由な箇所がある方、精神的な病をお持ちの方、今日、イエスキリストの名前で癒しを信じて祈ってみませんか?

今日の祈り 今日の祈り
神様、病気を癒してください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。 イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook