ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

明日のことは心配するな【心配の3つのデメリット】

約3分

米国ミシガン大学の研究チームの調査によると、「心配事の80%は起こらない」ということが明らかになりました。

 聖書も、「明日のことは心配するな」と言っています。  

ですから、明日のことまで心配しなくてよいのです。明日のことは明日が心配します。苦労はその日その日に十分あります。

聖書(マタイ 6:34)

心配には3つのデメリットがあります。

一つは不必要性です。
心配したからといって問題は解決しません。
むしろ、心配は問題を大きく見えさせます。

二つ目の特徴は害です。 
ヘブル語の「心配」には 「分ける、分裂」 という意味があります。
心配は、心を引き裂き、心を痛まさせ、健康に害を与えます。

三つ目の特徴は伝染性です。
心配と恐れは、すぐに伝染し、周りの人々にもよくない影響を与えます。

とは言っても、まったく心配しない人は存在しないと思います。
聖書が言っている2つのことを覚えましょう。

①「明日のことは明日が心配します」
明日は神様だけがご存じであり、神様が良いお方であるなら、守られるはずです。

②「苦労はその日その日に十分あります」
冒頭の調査には続きがあります。
残り20%のうち、16%は準備をしていれば対応可能なものです。
つまり、今日一日しっかり準備していれば、心配事や不安の96%は実際には起こらなくなるのです。

明日のことは神様にお任せし、ただ今日自分ができることに最善を尽くしましょう。

それが、心配をなくす方法です。

今日の祈り 今日の祈り
神様、今日一日を精一杯生きます。明日も良い一日にしてください。イエス様のみなによってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook