祈りは国民の義務【安部首相のために祈る①】

HAUOKEBONB
この記事は約2分で読めます。
【聖書が教える】祈りは国民の義務【安部首相のために祈る①】1テモテ 2章1節

1951年には80%以上あった投票率は、その後右肩下がりで、50%を下回っています。
特に若者の政治に対する関心のなさは顕著です。

 聖書は政治家のために祈りなさいと言っています。 

そこで、私は何よりもまず勧めます。すべての人のために、王たちと高い地位にあるすべての人のために願い、祈り、とりなし、感謝をささげなさい。

聖書(1テモテ 2:1)

まず、聖書は祈りを「ささげなさい」と命令しています。
では、誰のために祈るのか?

「王たちと高い地位にあるすべての人」と書いてあります。

驚くことは、その「全ての人」の中に、当時のローマ皇帝のネロが含まれているということです。
ネロとは、教会を迫害した最大の敵でした。

実際、パウロ自身も迫害によって投獄され、牢獄の中でこの手紙を書いていました。

つまり、聖書は、自分が好きな政治家やリーダーだけ祈れば良いのではなく、国民を苦しめるような指導者のためにも祈りなさいと言っているのです。

仮に日本の指導者がヒットラーだったら、彼のために祈るでしょうか?
聖書はすべての人のために「祈れ」と言っているので、祈らなければいけません。

信仰がなければ、これは相当、難しいことです。

まずは第一歩として、今朝このブログを読み終わった後に、

安部首相のために祈りましょう。
政治家や私たちの地域の議員たち。
そして、私たちの会社の上司のためにも祈りましょう。

今日の祈り 今日の祈り
主よ、今日一日、安部首相をはじめする政治家たち、私たちの会社の上司を祝福してください。そして、彼らが神様の栄光のために国を導いていくことができますように。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。
【聖書が教える】祈りは国民の義務【安部首相のために祈る①】1テモテ 2章1節
タイトルとURLをコピーしました