聖書を声に出して読むとストレスが減る?セロトニンと音読(詩篇 1:1-2)

この記事は約3分で読めます。

最近の研究によると、音読、つまり文字を声に出して読むことは、ストレスを軽減してくれることが分かっています。
それは、音読すると「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが脳内に分泌されるからです。

 聖書は、聖書のことばを声に出して読むことを推奨しています。 

幸いなことよ…主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ人。

聖書(詩篇 1:1-2)

主のおしえとは、聖書に書かれていることです。
昼も夜も、口ずさむ人は、幸いである、つまり、幸せになると言っているのです。

もちろん、ここでの「口ずさむと」は、おしえを忠実に守るという意味も含まれるため、神様の命令を守ることこそ、幸せであるというのが本来の意味です。

しかし、聖書には、聖書のことばを音読する場面が多く出てきます。
イスラエルの民は、聖書の時代も、現代でも、聖書を声に出して読みます。

なぜ、彼らはそうするのでしょうか?
セロトニンを分泌するためでしょうか?

もちろん、そんなわけありません。
詩篇に書いていることを、「神様の約束」として、そのまま実行しているだけです。

私たちが聖書を読む時、ほとんどの場合は、声に出さずに読んでいるのではないでしょうか?

しかし、聖書は音読を勧めているのです。

このみおしえの書をあなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさめ。そのうちに記されていることすべてを守り行うためである。そのとき、あなたは自分がすることで繁栄し、そのとき、あなたは栄えるからである。

聖書(ヨシュア1:8

今日から、聖書を声に出して音読してみませんか?

幸せホルモンのセロトニンを出すために読むのではありません。
あくまでも、神様のことばに従うために読むのです。

しかし、結果としてセロトニンが出ます。
神にことばが耳に入り、脳内に届くなら、身体と魂に悪いわけがありません

もし、ストレスで聖書を読むのも億劫な方。
あえて、音読しましょう。
鬱病に悩まされている方。
毎日、一章、聖書を声に出して読みましょう。

聖書の約束は、「口ずさむなら、あなたは栄える」です。

今日の祈り 今日の祈り
神様、これから聖書のいう通り、聖書を声に出して読んでみます。祝福を体験することができますように。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

この記事を書いた人

牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。

ゆうき牧師をフォローする
3分メッセージ
ゆうき牧師をフォローする
ゆうき牧師のバイブルライフコーチング
タイトルとURLをコピーしました