ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【失望せずに祈り続ける】なぜ、神は沈黙するのか?(詩篇83:1)

約3分

どんな時でも神さまは祈りにすぐに答えて、助け出されるでしょうか?

そうでない場合もありますよね。

実際、エレミヤなどの預言者の叫びの祈りも虚しく、イスラエルはアッシリヤやバビロンに滅ぼされました。

 しかし、聖書は、神が沈黙を破られるように祈り続けなさいと言っています。 

神よ、沈黙していないでください。黙っていないでください。神よ、黙り続けないでください。

聖書(詩篇83:1

詩人アサフは、神に対する切実な嘆願をもって祈ります。
敵がイスラエルを囲み込み、今にも消し去ろうと攻撃を仕掛けてきているからです。

「神よ」と2回くり返して呼び、異なる表現で3回も、神に助けを求めています。

沈黙していないでください。
黙っていないでください。
黙り続けないでください

神は、愛する者の切なる祈りに沈黙される神でしょうか?

いいえ。

愛する者の祈りに、沈黙し続ける姿は、神様のあわれみ深いご性質にそぐいません。

では、なぜ、神様は沈黙される時があるのでしょうか?

罪の裁きを忍耐しておられる時でもあるからです。

当時のイスラエルは、神の裁きが必要ないくらい、清廉潔白だったわけではありません。

愛なる神様は同時に正しいお方でもあるので、イスラエル全体の罪を見逃すわけにはいかないのです。

しかし、アサフの祈りは確かに、神様の心を動かしました。
その後、当時のイスラエルは滅びましたが、神はイエスキリストを遣わしました。

神は人間となって、十字架にかかり、人々の裁きを受けられました。
しかも、そのことを信じるものには、罪の赦しを無条件で与えられたのです。

神の沈黙には意味があります。

私たちには沈黙される意味がわからなかったとしても、神様が絶対なタイミングと方法で答えられるのです。

ですから、私たちは、祈り続けましょう。
必ず、神様が動いてくださいます。

いつでも祈るべきで、失望してはいけないことを教えるために、イエスは弟子たちにたとえを話された。

聖書(ルカ18:1
今日の祈り 今日の祈り
神様、沈黙していないでください。黙っていないでください。黙り続けないでください。あきらめずに祈ります。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook