ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

人生の重荷、一人で抱えていませんか?【キリストがあなたのくびきを負う】マタイ 11:29-30

約3分

会社のストレスの大きな原因が上司との関係であるのにも関わらず、私たちはリーダーシップの重要性を認めています。
良い上司やリーダーに励まされ、鍛えられると、一人では登れない山に到達できることだってあります。

 聖書は、最高のリーダーであるキリストは私たちと同じ重荷を負ってくださると言っています。 

29  わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。
30  わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

聖書(マタイ 11:29-30)

くびきとは、牛やろばなどの首に置かれる木製の2頭の家畜を1組にして、すきや車を引くようにしたものです。
一頭では負えない重荷でも、二頭なら負うことができるからです。

私たちの人生にも、様々な重荷があります。

仕事のプレッシャー、人間関係の軋轢、経済的な困難など。

しかし、ある日、とても負えない重荷が襲うこともあるのです。
私たちの親も、配偶者も、友達も理解してくれない、助けてくれない。

しかし、そんな時も、聖書は、神であるキリストは一緒に負ってくださると約束しています。

私たちは一人で負う必要はないのです。

神であられる方が人間と一緒に、くびきを負うとはあり得ないことです。

モーセの律法では、牛とろばを組にして耕してはならないとあります。(参照:申命記 22:10)
力の違う家畜が一緒にくびきを負うとどちらかに負荷がかかるからです。

キリストは、私たちの力に合わせて、私たちのペースに合わせて、負荷を負ってくださいます。

なぜか?
心が柔和でへりくだっているからです。

また、くびきは、束縛、服従、苦難、律法の制限を表す比喩として用いられます。 (参照:イザヤ9:4、申命記 28:48)

キリストは、私たちの罪の束縛をおって十字架で死なれました。

キリストとともに歩む人生は、たましいに安らぎを与えるのです。

今持っている重荷も、思い切って一緒に負ってくださるキリストに渡しましょう。

私たちは一人じゃないのです。

今日の祈り 今日の祈り
一人では背負いきれない重荷があります。イエス様が一緒に負ってくださり、安らぎを与えてください。 イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook