ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

人生に疲れていませんか?【特にクリスチャンになっても重いのは異常】マタイ11:28

約3分

「最近、なんかだるい」「頭がぼんやりする」「何もやる気にならない」
近年、私たち人類は今までにない疲れを感じることになりました。
それは、圧倒的な情報量と、変化のスピード、そしてそれについていかなきゃというプレッシャーから来るストレスです。

ある調査(※1)によると、日本の一般成人の60%、人口の3分の1が慢性疲労を抱えているようです。

 2000年前にイエス・キリストは「私があなたを休ませる」と約束されました。 

すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。

聖書(マタイ11:28)

「すべて疲れた人、重荷を負っている人」とはどういう人のことを指すのでしょうか?
当時、ユダヤ教の指導者は、旧約聖書に書かれている律法を守るように、民に過度にプレッシャーを与えていました。

本来、聖書に書いてある神様の命令すなわち律法というのは、「自分で頑張る」のではなく「神様の恵み」を覚える目的がありました。

しかし、それが宗教化してしまい、律法を守らないと救われないと教えていた指導者も出てきました。

その時に、神であられるイエス様が、「いやいや、律法というのは重荷を与えるものではなく、神の恵みによる自由を与えるものだ」と教えられたのです。

律法とは、神の愛に基づくものであり、奴隷の身分だったイスラエルの民に自由を与えるものでした。

現代を生きる私たちも同じ落とし穴に落ちてしまってはいないでしょうか?

日本には、様々な自由と保障があり、平和で文化的な生活を営むことができます。

にもかかわらず、仕事が私たちにプレッシャーやストレスを与え、自由を手に入れるためのお金を稼ぐために自由を失い、お金を得るために健康を失い、健康を得るためにお金を使います。

どこかで私たちは「なんか変だぞ」と思う必要があるのです。

聖書の答えは、単純です。

キリストの言葉を信じて、お任せすれば良いのです。

「私のもとに来て休みなさい」

「でも、お金が」「でも、仕事が」「でも、家族が」

そのような責任感は必要です。

しかし、負いきれないストレスを感じている以上、神様に助けを求めるタイミングなのです。

疲れている人は、今一緒に祈りましょう。

今日の祈り 今日の祈り
神様、重荷とストレス、プレッシャーで疲れています。助けてください。 イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

※1 すべての疲労は脳が原因 1 (集英社新書)

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook