ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

罪悪感がやばい…【悪習慣を止める方法】

約3分

「つい食べ過ぎてしまう」
「だらだらと休日を過ごしてしまう」
「仕事後に飲みすぎてしまう」

誰もがやめたい悪習慣があると思います。
聖書は、どうやったら悪習慣をやめることができるといっているのでしょうか?

神から生まれた者はだれも、罪を犯しません。神の種がその人のうちにとどまっているからです。その人は神から生まれたので、罪を犯すことができないのです。

聖書(1ヨハネ 3:9)

 聖書は「キリストを受け入れるなら、悪習慣を止めることができる」と言っています。 

「罪を犯しません」とは、罪を全く犯さなくなるという意味ではありません。
ギリシャ語の原語を見ると現在時制が使われていて、「習慣的に犯し続けることはしない」という意味です。

悪習慣と罪は関係があるのでしょうか?
あります。

悪習慣は「罪悪感」を生みます。

罪悪感は、次の2つのとき作動するように神が人に組み込んだ警報器です。

  1. 神様がしなさいということをしないとき。
  2. 神様がしてはいけないということをするとき。

冒頭の悪習慣は、聖書が罪と言っている「怠惰」や「酩酊」につながります。

では、どうすればいいのでしょうか?

 神の種であるイエス・キリストの福音を心に受け入れることで、罪の根を取り除くのです。 
イエス様は全人類の罪を十字架上で背負い死なれ、復活により罪を完全に処理されました。
そのことを受け入れるのです。

今日の祈り 今日の祈り
イエス様の十字架の力が私のうちにあることを信じます。悪習慣をやめることができるように助けてください。イエス様のみなによってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook