ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【委ねる⑧】どうやって委ねるのか?①キリストを信じる

約3分

「人生の問題を神に委ねる」と聞いてもとても抽象的に感じませんか?
まず、神は見えないし、委ねるって何?

 聖書は、「キリストを信じる」ならば、それは人生を神に委ねていることだと言っています。 

二人は言った。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」

聖書(使徒16:31

①プライド②罪責感③恐れ④思い煩い⑤疑い

これらのものが頭をよぎったら、自分の心を支配しようとしたら、「助けて!」とイエス様に祈るのです。

これだけでいいのでしょうか。
これで十分です

もし、あなたが、誰かに助けを求める時どうしますか?

「今すぐ、助けて!」と電話をするか、LINEをしますよね?

相手は、必要に応じて家に来てくれたり、助けてくれるはずです。

神様も同じです。
LINEではなく、祈りで伝わります。

祈りって何?とあまり馴染みがない方もおられるかもしれませんが、

その場にいない誰かのことを考えたり、思うことって自然にしますよね?

その対象をイエス様にするわけです。

目を閉じて、心から「イエス様に委ねます」と言えばいいのです。
それで、OKです。他は何も入りません。
「よし!」と心を入れ替えて、普通に生活するのです。

神様が「よし!」と助けてくださるでしょう。

飛行機のパイロットは2つの方法で飛行機を操縦します。 

一つは、コンピューターに操縦を任せることです。
もう一つは、自分で操縦することです。

すべての航空会社のプロのパイロットはコンピューターに任せます。
しかし、アマチュアは自分で操縦することが多いと言います。 
そのために衝突事故を起こす小型機が多いそうです。 

もし操縦している人が、 天候が悪化して雲の中に突っ込んだときに「助けて」と交信していれば、この種の事故はかなり防げたことでしょう。 
ところが彼らは自分で操縦を続けます。 
たとえ山や木に衝突することになっても、自分で自分の運命を決めたいというわけです。 

あなたの人生も、ここまでは自分がハンドルを握ってうまくやってこられたかもしれません。 
しかし、人生に悪天候はつきものです。 
自分ではどうすることもできない状況の中に投げ込まれ、雲の中に突っ込んで一体自分がどの方向に進んでいるのかさえ分からなくなってしまうことがあるのです。 
そんなときこそ、 マイクのスイッチを入れて神のシステムにつなぎましょう。 

「イエスさま、助けて」と言うのです。 

イエス様に人生の運転を任せましょう。 
それが、委ねると言うことです。 

今日の祈り 今日の祈り
神様、イエスさま、助けてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

【参考文献】回復への道 (リック ウォレン)2005/9/1

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook