ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【同情する①】泣いている人とともに泣く【悲しい経験を用いる方法】

約3分

悲しい経験を誰かに分かち合って、一番嫌なことは何でしょう?
頼んでもいないのに、考えやアドバイスを押し付けられたときです。

周りに悲しんでいる人がいたら、聖書はどうすれば良いと言っているでしょうか?

喜んでいる者たちとともに喜び、泣いている者たちとともに泣きなさい。

聖書(ローマ人への手紙 12章15節)
 聖書は、「泣いている人とともに泣きなさい」と言っています。  

頭で判断し、彼らの問題を分析する前に、まず、心から共感することが必要だということです。
そのような人の存在は、重荷を軽くし、立ち直る力を与えるからです。

私は2010年に4歳上の姉を天に送りました。その時、一番ありがたかったのは、何も言わずにずっと横にいてくれた友だち。
そのままの気持ちを聞いてくれた人たちです。

また、自分が悲しい経験をしたからこそ、同じように家族を失った人の気持ちに同情することができます。

このように、私たちの涙であっても、他の人を励ますために、神様は用いることができるのです。

職場に、悲しんでいる人はいませんか?必要なのは、その人の横に座り、心から一緒に泣くことです。
「いやいや、自分にはそんな同情心ないよ」と思いますか?私たちは完全に人に同情はできません。
しかし、完全に同情できるお方がいるのです。

それは、十字架にかかって苦しまれたイエスキリストです。
 私たちが、悲しんでいる人とともにいるとき、イエス様がともに聞いてくれていることを信じましょう。 

今日の祈り 今日の祈り
主よ、私たちの悲しい経験を必要な人がいることを知りました。周りにいる悲しくて心が泣いている人に同情できる心をください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook