ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【同情する②】喜ぶ人とともに喜ぶ【ねたみからの解放】

約3分

嬉しい経験をしたら、誰かに話したくなるのものです。
しかし、もし他の誰かが嬉しい経験をしたら、心から一緒に喜べるでしょうか?

 聖書は、「喜んでいる人とともに喜びなさい」と言っています。  

喜んでいる者たちとともに喜び、泣いている者たちとともに泣きなさい。

聖書(ローマ人への手紙 12章15節)

悲しんでいる人や、失敗している人を励ますことは、実はそんなに難しくありません。
自分の立場が危ぶまれることはないからです。
もっと、難しいのは、喜んでいる人や成功している人を心から祝福することです。

なぜでしょうか?
それは、誰もが「妬み」「劣等感」「比較意識」を持っているからです。

「おめでとう!」と顔は笑っても心では、
「あいつ成功しやがって、くそお、俺も絶対成功してやる!」と思ってしまう弱さが私たちにはあります。

  • 自分はうまくいかないのに、誰かが自分より先に結婚した。
  • 自分はできないのに、友達に子供ができた。
  • あいつは仕事もプライベートも絶強調に見える。俺はこんなんなのに。

では、「喜ぶ人とともに喜ぶ」には、どうすれば良いのでしょう?
先ほど読んだ聖書箇所の前に書いています。

兄弟愛をもって互いに愛し合い、互いに相手をすぐれた者として尊敬し合いなさい。

聖書(ローマ人への手紙 12章10節)

人を自分よりも優れていると思うのです.

そうすれば、嫉妬や妬み、比較から解放され、心から他の人の成功を喜ぶことができるようになります。
もし、あなたが成功したら、イエス・キリストは、「くそお!」というでしょうか?
絶対言いません。

 器の広い人は、「人の成功を喜べるのです」それは、本当に謙遜な人です。 

今日の祈り 今日の祈り
主よ、他の人の成功を喜べない自分がいます。謙遜になって相手を尊敬し、喜ぶ人とともに喜ぶ、同情心をください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook