ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【他人の良いところをみよう】「あいつとは一緒にいたくないなと思われない方法」聖書(1テサロニケ 5:11)

約3分

1950年代、アメリカのウィスコンシン大学のあるサークルは、生徒が互いの作品の足りない部分を批評し合っていました。
同時期に、別の大学では、文学部の学生たちが、互いの作品の良い部分を認めてほめる集まりを持ちました。

10年後、作品の良い点をほめあった集まりの学生たちの多くは立派な作家になりました。
しかし、優秀なウィスコンシン大学からは、優れた作家は一人も出ませんでした。

 聖書も、お互いの良いところを認めて、高めあいなさいと言っています。 

ですからあなたがたは、現に行っているとおり、互いに励まし合い、互いを高め合いなさい。

聖書(1テサロニケ 5:11)

テサロニケ教会には、多くの問題がありました。
しかし、この教会に手紙を書いたパウロは、褒めるのが上手だったようです。

「現に行なっているとおり」と、うまくいっているところをちゃんと認めているからです。

ほめられて嬉しくない人は一人もいません。

しかし、私たちは他の人の短所が気になってしまう傾向があります。

ある調査によると、人には長所が95%、短所が5%あるそうです。

考えてみましょう。

私たちは、普段、他人の95%の長所に気づけているでしょうか?
他人を95%の短所だらけの人間として見てしまっていないでしょうか?

95%の長所は励まし合うため。

5%の短所は助け合うため。

どちらも、ポジティブに考えていくなら、人間関係は必ず良くなります。

今日の祈り 今日の祈り
神様、人の短所ではなく、長所に目をとめ、積極的に人をほめることができますように。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook