ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

罪悪感に悩まされない方法「もうクヨクヨしたり、悩んだりしなくなる」聖書(イザヤ 1:18)

約3分

多くの加害者の中には、「自分がうまくいっていないのは〇〇のせいだ」という被害者意識がみられるといわれています。
自分が理不尽な目にあった時、なぜ自分だけがと感じ、人に対して復讐心、社会への怒りへと変わっていきます。

 聖書に出てくるパリサイ人も、イエス・キリストに対する被害者意識を持っていました。 

それで、パリサイ人たちは互いに言った。「見てみなさい。何一つうまくいっていない。見なさい。世はこぞってあの人の後について行ってしまった。」

聖書(ヨハネ 12:19) 

当時のユダヤ教の指導者であるパリサイ人たちは、自分たちの計画が「何一つうまくいっていない」のは、「あの人」つまり、イエス様のせいだと主張しているのです。

彼らの計画とは、なんとイエスを殺すことでした。
つまり、パリサイ人こそ加害者なのですが、自身は被害者意識でいます。
大ぜいの民衆がイエス様に従うので、彼らは、勝手に「まるで自分が否定されたように」感じていたのです。

私たちも、この「被害者意識」を持ちがちです。
自分のプライドが少しでも傷つけられたと感じると、自分を守るために、無意識に「〇〇のせいだ」と言ってはいないでしょうか?

「自分がこんなにしんどいのは、夫のせいだ。環境のせいだ。社会のせいだ。あの上司のせいだ。教会のせいだ」と。

最終的に、被害者意識にまみれ、自己防衛的、批判的、攻撃的がエスカレートしたパリサイ人たちは、イエス様を十字架につけて殺します。

「俺らの人生が狂ったのは、イエス、お前のせいだ!」と。
皮肉にも、彼らは、「神のせいだ」と神に対して怒りをぶちまけているのです。

怒りをぶつけられたイエス様はどのように反応したでしょうか?
「なんで私が理不尽な理由で十字架にかかって死ななければならないんだ!」と被害者意識は一切ありません。

むしろ、十字架上で「私が彼らの罪を背負います。父よ、彼らをお許しください」と私たちの被害者意識から来る罪の行為をまとめて受け入れてくれました。

私たちは被害者意識を持ってしまうことがあるでしょう。
そんなときにこそ、十字架上のイエスのところに行きましょう。

たとえ、神に怒りをぶつけたとしても、「あなたの気持ちわかるよ」と言ってくれるイエス様を見るなら、
「私こそが他の人、いやあなたを怒りで十字架につけた加害者です。お赦しください」という祈りが生まれるのです。

今日の祈り 今日の祈り
神様、「私こそが無実のあなたを十字架につけた加害者です。赦しください。そして、私も人を赦せますように。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

参考文献↓

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook