ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

寝る前の3分間は聖書「寝る前に嫌なことをイメージすると脳はダメージを記録する」聖書(詩篇63:6)

約3分

平昌(ピョンチャン)オリンピック金メダリストの高木選手は、トップでゴールしてガッツポーズをし、客席の両親の喜ぶ顔を見て、「やったー!」という感情を感じるイメージトレーニングを欠かせなかったそうです。

彼女のメンタルコーチは、「寝る前の3分間」にイメージしたことが脳に強く記録されるという脳の性質を利用して選手に指導していました。

 聖書は、聖書にある神様のことばをイメージして寝ることが一番良いと言っています。 

床の上で あなたを思い起こすとき、夜もすがら あなたのことを思い巡らすときに。

聖書(詩篇63:6)

床の上とは今でいうベッドの上。
夜もすがらとは夜通しです。

ダビデは人々に裏切られて、イスラエルの荒野を歩き回って寝るところのゴツゴツして暗い洞窟の中だったことでしょう。

一日中、とくに嬉しいこともなく、孤独と不安。
そして、今まで自分に起こったネガティブな出来事が頭をぐるぐる駆け巡ります。

しかし、ダビデがしたことは、ネガティブな思いのまま眠ることではなく、

「あなた」

つまり、神様のことを考えました。

本当に絶望な状況では、自分の理想的な姿を想像することも難しい時があります。
何が理想かもわからなくなっているからです。
その時に有効なのが、聖書を読み、神様がどういう方かを信じてイメージすることです。

「神様は、私がうつ状態にあっても決して罪に定めない。良いときも悪いときも、神様は変わることなく私を愛してくださる」

「私を強くしてくださるキリストによって、私はどんなことでもできる」

「キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してない」

このように、聖書に書いてある、神様の御性質を告白し、頭の中をそのような考えで充満させるのです。

そうれば、寝ている時に、私たちの脳は神の言葉を記憶し、朝起きたら信仰によって行動できるのです。

今日の祈り 今日の祈り
神様、寝る前に聖書に書かれている神様のご性質に想いを向けてから寝ます。寝ている間に私の考えをポジティブに変えてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook