ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

妻たちよ。夫に従いなさい【聖書的な妻の態度①】 聖書(エペソ5:22)

約3分

「お前を嫁にもらう前に、言っておきたいことがある。口出しせずに黙って俺についてこい」
これは、約40年前にミリオンセラーになった、さだまさしさんの「関白宣言」という歌です。
今、この曲を書いていたら、ハラスメントで大問題になったかもしれません。

 聖書は、「妻は愛によって自発的に夫に従いなさい」と言っています。 

妻たちよ。主に従うように、自分の夫に従いなさい。

聖書(エペソ5:22)

「従う」という言葉は、愛情がなくても「いやいや」従わなければいけないというニュアンスがあるかもしれません。
しかし、聖書の従うとは、人格的で愛と尊敬に基づいた自発的な行為を表します。

聖書は、「主に従うように」と説明しています。
神様は、人間に対して、「ロボットや奴隷のように無条件に従え!」と命令されるでしょうか?

いいえ。聖書をちゃんと読んでいれば、神様はそんな従順を求めていないし、喜ばれないのです。

神様が喜ばれる従順とは、キリストを愛する愛のゆえに、自発的で人格的な従順です。

同じように、「妻が夫に従いなさい」とは「いやいや」ではなく、愛と尊敬のゆえに喜んで従うことなのです。

どうでしょう?少なくても新婚のときは、そのような自発的な愛があったはずです。

しかし、この命令には前提条件があります。

キリストを恐れて、互いに従い合いなさい。

聖書(エペソ5:21)

夫が妻より上で偉いから、一方的に従えということではなく、そもそも、夫も妻もお互いに愛と尊敬を持って従う姿勢が求められます。

とはいえ、この後に、妻には「夫に従いなさい」、夫には「妻を愛しなさい」という別々の命令が出てきますし、エペソ5:23に「夫は妻のかしら」とあるので、夫と妻の関係において妻が夫に従うことは、神が定められたと夫婦の枠組みであるといえます。

聖書が命じる通り、夫に従うことを心がけてみましょう。
そもそも、愛と尊敬を持っているのかをチェックする必要はあります。
なければ、祈りましょう。

今日の祈り 今日の祈り
神様、夫を心から愛し従う純粋な気持ちをください。そして、夫婦関係が神様にあって祝福されますように。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook