ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

アンガーマネジメント⑦怒りの2つの原因が引き起こした例②「放蕩息子の兄」(ルカ 15:28)

約3分

怒りには2つの原因があります。
一つ目は、本来分かってほしい感情である『一次感情』です。
もう一つは、こうあってほしいという期待や理想である『〜べき』という思い込みです。

キリストの有名な「放蕩息子」の話に出てくる兄もまた「一次感情」という燃料に「~であるべき」が着火して怒った例です。

すると兄は怒って、家に入ろうともしなかった。それで、父が出て来て彼をなだめた。

聖書(ルカ 15:28

① 放蕩息子の兄の一次感情
・父親が弟をもっと愛しているという寂しさ
・父親に今までの頑張りを評価されていない悲しさ

ヒントは、「家に入ろうともしなかった」というフレーズです。
これは、父親に対して向けられた怒りです。

② 放蕩息子の兄の「〜であるべき」
・父親は弟の放蕩を厳しく叱るべき
・父親は兄の忍耐を褒めるべき

放蕩して帰って来た弟への怒りよりは、それを叱りもせず喜んで迎えた父親に対する怒りが伝わってきます。

29  しかし、兄は父に答えた。『ご覧ください。長年の間、私はお父さんにお仕えし、あなたの戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しむようにと、子やぎ一匹下さったこともありません。
30  それなのに、遊女と一緒にお父さんの財産を食いつぶした息子が帰って来ると、そんな息子のために肥えた子牛を屠られるとは。』

聖書(ルカ 15:29-30

当時、子牛は100万円以上の価値があったので、弟に車をプレゼントしたようなものです。
でも事実、父親は兄を愛していないわけではないのです。

父は彼に言った。『子よ、おまえはいつも私と一緒にいる。私のものは全部おまえのものだ。

聖書(ルカ 15:31

「私はいつもあなたと一緒にいて、何一つ不自由なかっただろう」
「子牛どころか、私の財産はあなたに全部あげるつもりなんだよ」
とお父さんはすごいことを言っています。

問題は、弟との比較で父親の愛を計ったということです。
人と比べて「自分は愛されているか」と考えるなら、非常に不安定です。

聖書には不公平や差別のない絶対的な愛がはっきりと書かれています。

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

聖書(イザヤ43:4

兄は、お父さんが言ったように、すでに与えられている事実に目を向ける必要があったのです。

今日の祈り 今日の祈り
神様、放蕩息子の兄のように、弟と比較して愛を計る自分がいます。神様の事実に目を向けて感謝できますように。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook