ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

喜びスイッチON「落ち込まないメンタル術」テサロニケ人への手紙第一5章16-18節

約3分

裏切られたり、傷付いたり、人間関係に疲れると、私たちはひとりを好むようになります。
金メダリストのようなトップアスリートは気持ちの切り替えが上手です。
失敗した後は、ネガティブな思いになりやすく、そのままでは結果に影響することを知っているからです。

 聖書は、喜びスイッチをONにしなさいと言っています。 

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことにおいて感謝しなさい。

聖書(1テサロニケ5:16-18)

人間の脳は「喜び」と「怒り」など矛盾した感情は両立できないという性質を持っています。
つまり、ネガティブな思いは、ポジティブな思いに意識的に変換しない限り、私たちを支配し続けるということです。

しかも、困ったことに、ネガティブな思いは、私たちの行動や結果に悪い影響を及ぼします。

高校の部活でなされた調査によると、

能力が発揮できて結果が出ている時は
「気持ちが乗っている」「落ち着いてる」と感じ、

能力が発揮できていない時は
「やる気が起きない」「気持ちが暗い」
と感じていたそうです。

驚いたことに、「熱があって身体の具合が悪いのに、逆に気持ちが入って良い結果になった」「アクシデントで急遽出番が回ってきたけど、逆に燃えて良い結果がでた」
ということもあったそうです。

だからこそ、聖書は「いつも喜んでいなさい」と命令しているのです。
これは、命令形です。

 意識して喜びスイッチをONにしなさいという意味です。 

しかし、人間の力で無理やりポジティブになろうとしても、できないことも多いです。
だからこそ、「祈り」と「感謝」によって、スイッチをONにするのです。

すぐに落ち込みやすい人は、聖書の言葉を実践しましょう。
「いつも喜ぶ、いつも祈り、すべてのことにおいて感謝する」
そうすれば、思いが変わり、行動が変わります。

今日の祈り 今日の祈り
神様、私は自分のネガティブな感情や状況に影響されやすいです。いつも喜べるように助けてください。 イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook