ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【あからさまに責めるのはOK!?】「相手の嫌なところを我慢し続けてませんか?」

約3分

メンタリストのDaigoさんは、「1対1の時に『友達だからはっきり言うけれど、最近◯◯なところよくないと思うよ』とか言いにくいこともぐさっと言ってくれるような友達を大事にしましょう」と言っています。

 聖書も、その人を思って忠告や助言をすることはよいことだと言っています。 

あからさまに責めるのは、ひそかに愛するより良い。

聖書(箴言 27:5)

本当に友を愛するならば間違いに対して、真心から忠告と助言をします。
真の友とは、うわべだけの慰めや聞き心地の良いことばだけを言う人ではありません。

「でも、言いたくないことを言うのは嫌だな。相手は傷ついちゃうんじゃないだろうか…」と思いますよね?

その気持ちが、実はとても大切です。

シカゴ大学の研究によると、罪悪感を感じやすい人は信頼できる人だそうです。

悪いところを指摘する時も、罪悪感を感じながら言います。

それでも、指摘してくれるということは、本当にあなたのことを思っている証拠なのです。

確かに 「あからさまに責めるのは、ひそかに愛するより良い」 ということは理解できますね。

一つ注意点があります。

実は、聖書は「あからさまに責める」のを推奨しているわけではありません。
「ひそかに愛することよりもずっとマシだ」ということを強調するためのヘブル語特有の誇張表現です。

人のミスをみんなの前で指摘するのは、その人に恥をかかせるだけです。

どうやって助言するのがよいのか?

①一対一で
②相手の気持ちを考えて
③真心を持って伝える

これを気をつければ、助言は良い人間関係にプラスに働きます。

今日の祈り 今日の祈り
神様、嫌なところを愛をもって指摘しあっても、関係が壊れない本当の友達ができますように。 イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook