ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

ケンタッキーのアイデアは○○○○回断られた?【あきらめずに続けた方がよい理由】聖書(ガラテヤ 6:9)

約3分

僕はケンタッキーが大好きですが、創始者のカーネルサンダースは、ケンタッキーフライドチキンの売り込みをした際、なんと1009回も断られたそうです。

アイデアを採用してくれる人に出会うまでに2年かかりました。
普通の人なら3回目くらいで心が折れそうです。

「あきらめないでくれて、ありがとうカーネル」と言いたいです。

 聖書も、あきらめないで良いことを行い続けなさいと言っています。  

失望せずに善を行いましょう。あきらめずに続ければ、時が来て刈り取ることになります。

聖書(ガラテヤ 6:9)

三つの言葉に注目しましょう。

①失望しない

失望するなということは、私たちはすぐに失望しやすいということを表しています。

失望している自分に驚くのではなく、「ここからが勝負だ」と開き直りましょう。

②善を行う

どんなことでも、あきらめなければ成功するということではありません。

聖書は条件を提示しています。

それは、「善」つまり、神様と人にとって「良いこと」です。

「自分の欲を満たすためになっていないか?」

「やり方が強引になっていないか?」

結果が出ない人は、やっていることの動機を確かめましょう。

③時がある

すぐに結果が出なくてもあきらめない理由は、神様のタイミングがあるということです。

自分ではコントロールできないことに、神様にお任せすることを「信仰」と言います。

今日の祈り 今日の祈り
神様、私はすぐに落ち込みます。でも、あきらめないで良いことを続けたいと思います。助けてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook