ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【父親との関係①】神のこどもになるという特権(ヨハネ1:12)

約3分

「あー、なんで、自分の人生こんな風になっちゃったんだろう…」
なんて、誰でも大なり小なり人生のリセットボタンを押して、人生やり直したいと後悔する瞬間があります。

 聖書は、私たちがキリストを信じた時、神に子どもとして生まれ変われると言っています。 

しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとなる特権をお与えになった。

聖書(ヨハネ1:12

ヨハネの福音書では「神の子どもとなる」とは霊的な意味で「新しく生まれるかわる」という意味があります。
別に、自分がなくなっちゃうわけではありません。

全治全能の神の子どもというパワフルなアイデンティティが人生の根幹になるのです。

なぜ、私たちは「生まれかわりたい」と人生をリセットしたくなるのでしょうか?
それは、思い描いた理想と現実のギャップを感じるからです。

あの時、こうすればよかった。しなければよかった。
もっと、可愛くなりたかった。もっと、頭よく生まれたかった。

これらの後悔は、結果によって自分の存在価値を高めようとすることから来ます。

聖書は、逆です。
「神の子」という最高の存在価値があるので、何をしても後悔することはなくなるのです。

人生において重大なのは私たちが何者であるかで、生きた結果ではないのです。

僕は小学校の時、背が小さくよくいじめられました。
学校帰りに、泣きながら家に帰ると母親はいつも、「どうしたの?かわいそうに…」と無条件で味方になってくれました。

これは、家に帰れば無条件で「愛される」子どもの特権です。

自分のお父さんが、神であって、私のことを「目に入れても痛くないほど、あなたを愛している」って言ってくれているなら、他の誰に「お前はダメなやつだ」とか外見や中身を判断され、拒絶されても、大丈夫です。
事業に失敗しても、自分の過失によって問題を抱えても、私たちには帰る家があるのです。

そこには、父なる神が、両手を広げて、私たちを待っておられるのです。

条件が一つあります。それは、
イエスが神であることを信じた人です。

とても簡単ですね。

今日の祈り 今日の祈り
神様、私はイエスを信じ、神の子であることを信じます。揺るがないアイデンティティによって後悔なく生きれるように導いてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook