ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

【父親との関係⑨】神の4種類の愛(ヨハネ15:13)

約3分

古代ギリシャでは、「愛」という言葉には4つの種類があったそうです。 

① エロス(eros)=男女間の愛
野心に燃える情熱、強い愛国心

「強烈だが長続きしない」

② フィリア(philia)=友達や夫婦間の愛
友情、信頼や結束、連帯感

「近い者や親しい者だけ」

③ ストルゲー(storge)=血縁に基づいた家族愛
親子や兄弟の間

「強く広さがない」

 聖書は、神の愛アガペーは、無条件でいのちを捨てるほどの完全な愛だと言っています。 

人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。

聖書(ヨハネ15:13

この愛を4番目
④ アガペー(agape)=神の愛
無条件の愛、無償の愛、自己犠牲の愛

と言います。

神は御子イエス・キリストを遣わし、十字架につけて死なれました。
それは、友と呼ばれる私たちの罪の身代わりとなるためです。

私たちが犯した過ちの罰を受けられ処刑されました。
それは、罪のあらゆる被害や苦しみから解放するためでもありました。

天の父なる神は、私たちのためになら命を犠牲にしてもよいくらい愛しておられます。

人間の愛と、神の愛の違いを一言で表すなら、「条件付きかどうか」です。

私たちも、普通は自分によくしてくれたら愛しますが、自分をいじめる人は愛さないですよね?

だからこそ、無条件のアガペーの愛をもった親もこの世に存在しません。
なので、私たちの両親も、どこかで私たちに条件を持っていた可能性があるのです。

「親に愛されるために〇〇する」
「親に愛されるために〇〇しない」

しかし、神の愛は、無条件の愛です。

私たちが何をしても、しなくても、最初から、無条件で「あなたを愛しているよ!」と笑顔で言ってくださるのが、聖書の父なる神なのです。

しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。

聖書(ローマ 5:8

もちろん、ここでの「愛」のギリシャ語はアガペーです。

今まで、条件付きの愛の中で生きてきた私たちですが、神のアガペーの愛は次元が全く違うものであることを信じましょう。
そして、この愛をたっぷり経験するならば、過去に両親から受けた傷や、満たされない心が癒されます。

今日の祈り 今日の祈り
神様、神様の愛は無条件の愛であることを知りました。条件つきの愛になれた私の心を修復して、神の愛をたっぷり経験できますように。 イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook