ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

ドリームキラー「神に対して否定的にならないために」(民数記 13:30-31)

約3分

「ドリームキラー」という言葉をご存じでしょうか?
ドリームキラーとは、直訳すれば「夢を殺す人」で、否定的な言葉によって、誰かの夢や目標を壊そうとする人たちです。

「転職なんてやめといたほうがいいんじゃないの?」
「起業なんて無理に決まってるって!」

 聖書には、神のビジョンさえも否定するドリームキラーが出てきます。 

30  そのとき、カレブがモーセの前で、民を静めて言った。「私たちはぜひとも上って行って、そこを占領しましょう。必ず打ち勝つことができます。」
31  しかし、彼と一緒に上って行った者たちは言った。「あの民のところには攻め上れない。あの民は私たちより強い。」

聖書(民数記 13:30-31)

イスラエルが荒野をさまよっていた頃、神様は、モーセというリーダーを率いて、約束のカナンの地に偵察隊を送り込みます。
しかし、その場所にはすでに原住民がおり、戦いが必要でした。

モーセは、12人の偵察隊を送り込みましたが、反応が真っ二つに分かれました。

10人は、「強い敵がいるので、絶対に無理だ」
2人は、「神が約束されたので、絶対に大丈夫だ」

この10人は、ドリームキラーです。
たちが悪いのが、彼らが否定したドリームは、私たちの夢とか、転職とかではなく、神のビジョンであるということです。

結果、神様の約束の通り、イスラエルの民は、カナンの地に住むことになります。

人数に注目してください。10人、全体の80%です。

つまり、私たちこそ、この10人になりやすいということです。

目の前の状況を見て、
神が言っているのに、

「そんなのできっこないよ」(能力)
「お金がかかりすぎるよ」(コスト)
「どうせ途中であきらめるよ」(モチベーション)
「今さら始めたって遅いよ」(時間)
「そんなことやっても意味がないよ」(価値)

と言ってしまう。

しかし、神様が約束されているなら、これらの言葉はムダです。

神様が、あなたに語っておられる、語った約束はありますか?
あなたのビジョンや野心のことではありません。

もし、心に浮かぶものがあるなら、ヨシュアとカレブのように、ポジティブに反応しましょう。

「あなたが言われるなら、必ずそうなります!」

今日の祈り 今日の祈り
神様、神様に対してドリームキラーになってしまう弱さがあります。ただ、あなたの言葉を信じられる信仰をください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook