ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

感謝はストレスなどを軽減させる【どんな時でも感謝する方法】

約3分

多くの研究が、感謝を経験し表現することがその人の満足度を高め、活力、希望、そして楽観主義にも影響することを明らかにしました。さらに、感謝はうつ病、不安、妬み、そして仕事に関するストレスなどを軽減させる働きも持っています。

聖書には「感謝」についての箇所がたくさんあります。

すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

聖書(1テサロニケ 5:18)
 聖書は、「どんな時でも、どんな状況、どんなことでも感謝しなさい」と言っています。 

なぜでしょうか?

どんな時でも、どんな状況、どんなことでも、感謝の心を持つことは可能であり、感謝は体を健やかにするからです。

日本ではよく、「人様に迷惑をかけないように」と教育されることが多いです。
親に迷惑かけない子供がいないように、「人様に迷惑をかけないように」生きることは不可能に近いように思えます。

海外における子育ての大きな指針に「できるだけ困っている人や、他人に役に立つ人間になりなさい」とあるそうです。

迷惑をかけないように生きていると、口から出るのは、「すみません」ですが、誰かを助けてあげることに集中すると、そこから生まれるのは、「助けてくれてありがとう」という感謝です。

自分が被った被害からくる不満や怒りに集中すると、ストレスが満ちます。
 しかし、自分がすでに受け取っているものに感謝すると、全く違った心の持ちようが可能なのです。 

神様、
命を感謝します。
衣食住を感謝します。
親を感謝します。
友達を感謝します。

今日の祈り 今日の祈り
主よ、今日一日、守りください。そして、主がご用意してくださっている素晴らしい祝福を体験できますように。イエス様のみなによってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook