ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

孤独と心配で逃げたくなるとき【プレッシャーの対処法】 

約3分

シリコンバレーの投資家ベン・ホロウィッツは偉大なCEOの共通点を、孤独で極度なプレッシャーの中でも「逃げることなく困難に立ち向かうこと」だと言っています。

私も会社員だった時、「あの人と顔をあわせるの嫌だなあ」「ノルマ達成できるかな」と仕事の不安で頭がいっぱいだったのを覚えています。

 聖書は、すべての不安や、悩みを神様にお任せしなさいと言っています。  

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

聖書(1ペテロ 5:7)

みなさんは、「お祈り」といえばどのようなポーズを思い浮かべますか?

両手をギュっと握りしめるのではないでしょうか?

カトリックの司祭ヘンリー・ナウエンは、祈りは「両手を開くこと」と言いました。
確かに、私たちは強く求めるあまりに、拳を握りしめているかもしれません。

しかし、「ゆだねる」とは、ギリシャ語では、神の手の中に「渡し切る」という意味を持っています。

神の前に持っている不安や、悩みを手を開くことなのです。
しかも、「いっさい」と書いてあるので全部です。
そうすれば、プレッシャーは羽をはやして飛んできます。

なぜでしょうか?

「神があなたがたのことを心配してくださるから」です。

私たちは孤独ではありません。

私たちの不安や悩み、拳を握りしめてギリギリで頑張っていることをご存知で、心配しておられる方がいるのです。

今日の祈り 今日の祈り
神様、心配や孤独でプレッシャーを感じています。でも、今日手を開いて、あなたにすべて委ねます。助けてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook