ゆうき牧師のバイブルライフコーチング

聖書の真理によって人生のあらゆる問題を解決するブログ

休むことに罪悪感を感じていませんか?【安息日④ あなたが休まないと迷惑する人がいる】聖書(箴言 27:10)

約3分

銀行員のとき、帰りやすい時と、帰りづらい時がありました。
違いは、上司が先に帰っていれば帰りやすい。
上司がまだ仕事をしていれば、何とも帰りづらい。

「お手伝いできることはありますか?」と聞くのが当たり前で、自分の仕事だけ片付けてすぐに帰っていれば「あいつは自分勝手だ」という噂になるからです。

 聖書は、みんなが休めるように、まずあなたが休みなさいと言っています。  

七日目は、あなたの神、の安息である。あなたはいかなる仕事もしてはならない。あなたも、あなたの息子や娘も、それにあなたの男奴隷や女奴隷、牛、ろば、いかなる家畜も、また、あなたの町囲みの中にいる寄留者も。そうすれば、あなたの男奴隷や女奴隷が、あなたと同じように休むことができる。

聖書(箴言 27:10)

聖書は奴隷制を認めてはいませんでしたが、当時の文化は奴隷がいました。
奴隷は休む権利がありません。

主人は当たり前に思います。
「奴隷にはできるだけ多く働いてもらいたい」

しかし、聖書は奴隷であっても人間の尊厳を大切にしています。

主人であるあなたがまず休みなさい。
そうしないと、あなたの下で働く全ての人が休めないじゃないか。

3000年以上も前に書かれた聖書が現代の残業問題にメスを入れてるのが面白いですね。

労働にはキリがありません。
もし、私たちが上司の立場なら、率先して早帰りや休みをとっていきたいですね。

今日の祈り 今日の祈り
神様、周りの人が休めるように配慮する心をください。 イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

About The Author

札幌ガーデンチャーチ牧師ゆうき牧師
牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。
Follow :

Comment On Facebook