【聖書の終末預言㉖】イスラエルと聖書預言 ④ 新約聖書:エルサレムの滅亡(ルカ21:24)

この記事は約9分で読めます。

はじめに

今日は、イスラエルについての聖書預言「エルサレムが滅亡した出来事」について説明します。

アメリカ合衆国のドナルド・トランプ元大統領が2017年12月6日にイスラエルの首都をエルサレムとして認識・承認した出来事は、世界に衝撃を与えました。

国際社会ではテルアビブが首都として見られていましたが、聖書を見るならば、エルサレムがずっとイスラエルの首都でした。

現在は、旅行に行けば、普通に栄えていますが、実は、このエルサレムは何度か敵国に滅ぼされています。



しかしこれは、「なるほど、エルサレムは占領され、火で焼かれたんだなあ」と単なる歴史としてとらえるべきではありません。イスラエルに対する神の裁きの結果、起こったという観点で読む必要があります。そのような観点で見るためには、「預言」の理解が重要です。エルサレムが滅亡する前には、このままだとエルサレムは滅亡するよという神の警告の預言が語られていたからです。

このメッセージを読むと、 エルサレムの滅亡が、聖書の預言通りに成就した出来事だということが理解でき、これからも聖書の預言が成就していく んだと確信を持つことができます。最近は、聖書の終末預言シリーズという世の終わりについて聖書が何を言っているかだけにフォーカスを当てたYouTube動画をアップしています。「この世はこれからどうなるのか?」ということに対して少しでも興味のある方は、チャンネル登録をよろしくお願いします。

エルサレムの滅亡

今日の結論は一言でいうと、「 エルサレムの滅亡は、すでに聖書に預言されており、AD70年にその通りに成就した 」ということです。

A. 旧約の預言

旧約聖書には、エルサレムの滅亡について、多くの預言者が預言していました。

エルサレムよ、懲らしめを受けよ。そうでないと、わたしの心はおまえから離れ、おまえを、人も住まない荒れ果てた地とする。」

聖書(エレミヤ書 6:8)

この方は私の耳に大声で叫ばれた。「破壊する武器をそれぞれ手に持った、この都を罰する者たちを連れて来い。」

聖書(エゼキエル書 9:1)

それゆえ、あなたがたゆえにシオンは畑のように耕され、エルサレムは瓦礫の山となり、神殿の山は木々におおわれた丘となる。

聖書(ミカ書 3:12)


生きていた時期的にも、文脈的にみても、おそらく、この3人の預言者は、BC586年のバビロンによるエルサレム破壊について語っている可能性が高いです。しかし、ダニエルは、AD70年のローマによるエルサレム陥落を預言しています。今日は、このAD70年の滅亡にフォーカスを当ててお話しします。

その六十二週の後、油注がれた者は断たれ、彼には何も残らない。次に来る君主の民が、都と聖所を破壊する。その終わりには洪水が伴い、戦いの終わりまで荒廃が定められている。

聖書(ダニエル書 9:26)


つまり、ダニエルはAD70 年のエルサレム陥落のの約600年前にすでに神様の預言を受け取っていたことになります。
ダニエルだけではなく、イエスキリストも数十年後に起こるエルサレムの滅亡を預言していました。

B. キリストの預言

人々は剣の刃に倒れ、捕虜となって、あらゆる国の人々のところに連れて行かれ、異邦人の時が満ちるまで、エルサレムは異邦人に踏み荒らされます。

聖書(ルカの福音書21:24)

キリストは、エルサレムの滅亡を預言されましたが、その40年後にAD70年にローマによって本当に滅びました。当時、イエスの言葉を聞いた人の中で、その通りに信じた人の方が少なかったと思います。なぜなら、多くのイスラエル人が、メシヤ(キリスト)こそ、ダビデのようにイスラエルをリードし、ローマ帝国の圧制から解放してくれると信じていたからです。実際、メシヤは、ローマを滅ぼすためではなく、全人類を罪の束縛から解放されるために十字架にかかりました。では、キリストの預言を4つのパートにわけて、どのように歴史を通して成就したのかを見てきましょう。

① 人々は剣の刃に倒れ

AD66年に始まったイスラエルとローマの戦争によって、AD70年に神殿とエルサレムの破壊されました。

その時、多くの人がローマ軍の剣によって殺されました。ユダヤ人フラウィウス・ヨセフスによって1世紀に書かれた『ユダヤ戦記』 にはその様子が書き記されています。彼によると、当時、中東で剣で倒れたユダヤ人の数は約1000万人とされています。1000万人はさすがに多すぎるとの声もありますが、 多くの人々が実際に剣の刃に倒れたのは事実です。その通り成就したと言えるでしょう。

② 捕虜となって、あらゆる国の人々のところに連れて行かれ

このローマとの戦争によって、イスラエル人はローマの捕虜となりました。約60万人のユダヤ人が奴隸市場に売られたようです。ヨーロッパやアメリカにユダヤ人が多く住んでいますよね?本来、彼らの母国はイスラエルです。しかし、このエルサレムの滅亡によって、世界中に奴隷として売らた結果、世界各地にユダヤ人が住むことになったのです。つまり、これがその後の1900年間の世界離散の始まりとも言えます。これも、預言の通り成就したと言えるでしょう。

③ エルサレムは異邦人に踏み荒らされます

ローマ帝国は70年にイスラエルの神殿を破壊しました。その後、AD132年に、「バル・コクバの乱」というユダヤ人の反乱が起こります。しかし、それもローマ軍に鎮圧され、当時のローマ皇帝ハドリアヌスは、エレサレムの名を 「アエリア・カピトリーナ」というローマの名前に変えて、ユダヤ人の出入りを禁じました。その後、エルサレムは、キリスト教、イスラム教、十字軍、再びイスラム教、 20世紀にはキリスト教国のイギリスがエルサレムを治めることになります。ユダヤ人にとって、ユダヤ人以外は異邦人なので、現在に至るまで、「エルサレムは異邦人に踏み荒らされている」と言えます。ちなみに、エルサレムの旧市街は、現在イスラム教地域、キリスト教地域、ユダヤ教地域に分けられています。かつてソロモンの神殿が立っていた神殿の丘には、黄金のドームとも呼ばれる、イスラム教のモスクが建っています。写真で見たことがある方も多いはずです。今まで見てきた3つの預言はすでに成就しています。しかし、4番目はまだです。

④ 異邦人の時が満ちるまで

現在、エルサレムは異邦人に踏み荒らされていると言えますが、その期間は定められています。それが、「異邦人の時が満ちるまで」です。ちょっと、分かりづらい表現です。異邦人とは、ユダヤ民族以外の民族をいいます。正確に言えば、イスラエルの神を信じない人々のことです。「異邦人の時が満ちる」とは、異邦人がイエス・キリストの福音を通して、イスラエルの神を信じる期間が終わるまでという意味です。

兄弟たち。あなたがたが自分を知恵のある者と考えないようにするために、この奥義を知らずにいてほしくはありません。イスラエル人の一部が頑なになったのは異邦人の満ちる時が来るまでであり、

聖書(ローマ人への手紙 11:25)


事実、パウロがこの手紙をローマの教会に送った後、異邦人であるローマ帝国はキリスト教国家になります。それ以来、このエルサレムから始まった福音は、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアへとどんどん広がっていきました。日本にも、ポルトガルの宣教師ザビエルを通して、キリスト教が入ってきたことは教科書に書いてありますね。
一説によると、ザビエルの前にも福音は日本に来ていた可能性があります。

それは置いといて、今では、世界の22億人の人々が自分をキリスト教と言っています。

神は言われます。「恵みの時に、わたしはあなたに答え、救いの日に、あなたを助ける。」見よ、今は恵みの時、今は救いの日です。

聖書(コリント人への手紙第二 6:2)


今は、異邦人がキリストを信じ救われる恵みの日です。

実は、1967年の六日戦争の時に、 もう異邦人の時が満ちた、あるいはもう間も無く満ちるという学者もいます。ユダヤ人が1900年ぶりにエルサレムを奪回し、今日までエルサレムは実質ユダヤ人により管理されているからです。また、異邦人の時はご再臨まで終わらないという学者もいるそうです。どちらにせよ、神様が定められた「異邦人の時」が終われば、再びユダヤ人がエルサレムを治めるようになるという預言です。まだ成就していませんが、これから確実にそれは起こるでしょう。

C. ここから何が言えるのか?

では、旧約の預言、キリストの預言から何が言えるのでしょうか?それは、神のみことばは必ず成就するということです。

過去、その通りに成就してきたことを見るならば、これからもその通りに成就する可能性が高いことは明らかです。もちろん、これは、結局、信じるか、信じないかという信仰の話になります。何を信じるかというと、聖書の言葉を、誤りのない絶対的な神の言葉として信じるかどうかです。

聖書のみことばは、私たちに対する神の裁きの警告です。現代は、教会やクリスチャンたちすら、「エルサレムが滅ぼされるはずがない。神の名前が置かれた都市だから。神殿が壊されるはずがない。神が住まわれる場所だから。」と終末と神のさばきについて考えないようにしているように見えます。

しかし、神に選ばれたイスラエルであっても、高ぶりによって、首都エルサレムが滅亡しました。聖書がはっきりと預言していることは、今の世は必ず終わりが来るということです。イエス様は、エルサレムが滅ぼさることを知っておられたゆえ、涙を流されています。

41 エルサレムに近づいて、都をご覧になったイエスは、この都のために泣いて、言われた。
42 「もし、平和に向かう道を、この日おまえも知っていたら──。しかし今、それはおまえの目から隠されている。
43 やがて次のような時代がおまえに来る。敵はおまえに対して塁を築き、包囲し、四方から攻め寄せ、
44 そしておまえと、中にいるおまえの子どもたちを地にたたきつける。彼らはおまえの中で、一つの石も、ほかの石の上に積まれたまま残してはおかない。それは、神の訪れの時を、おまえが知らなかったからだ。」

聖書(ルカの福音書 19:41-44)

まとめ

まとめましょう。今日の結論は一言でいうと、「 エルサレムの滅亡は、すでに聖書に預言されており、AD70年にその通りに成就した 」ということです。


A. 旧約の預言
B. キリストの預言

 ① 人々は剣の刃に倒れ→成就した
 ② 捕虜となって、あらゆる国の人々のところに連れて行かれ→成就した
 ③ エルサレムは異邦人に踏み荒らされます→成就した
 ④ 異邦人の時が満ちるまで→成就していない
C. ここから何が言えるのか?
 終末に対する神のみことば(預言)は必ず成就するということです。

これからも続けて、現在成就している預言を取り上げていきます。次回は「ユダヤ人の世界離散」についてです。このことも聖書の預言通りに起こっていました。神の言葉をそのまま信じ、今すべきこと、神が望まれることに目を向けて謙遜に生きていきたいと思います。

読んでいただきありがとうございます。このメッセージはYoutubeでもご視聴いただけます。

参考資料:シリーズイスラエルの歴史と日本のリバイバルの関係Vol.1 聖書預言はどう実現しているのか /スティーブンス・栄子 / オメガ出版 使用画像元: Pixabay, Unsplash

この記事を書いた人

牧師。ライフコーチ。
1985年札幌で生まれる。小樽商科大学を卒業後、三菱UFJ信託銀行で3年間勤務。関西聖書学院(KBI)で1年間聖書を学ぶ。CCC(Campus Crusade for Christ)短期宣教を通じて出会った、当時CCC専任スタッフのク・ソンリムと2012年に結婚。2013年から3年間ソウル・オリュン教会日本語礼拝部伝道師として仕えつつ、トーチ・トリニティ神学大学院英語コース修士課程(Torch Trinity Graduate University/Master of Divinity)を修める。2016年から3年間、母教会札幌キリスト福音館で牧師として仕えた後、2019年より、札幌ガーデンチャーチを開拓。

ゆうき牧師をフォローする
聖書の終末預言
ゆうき牧師をフォローする
ゆうき牧師のバイブルライフコーチング
タイトルとURLをコピーしました